社内人脈、仕事人脈は人脈にカウントしない

ハーバー3

潮凪洋介です。
今週のあなたのアナザーパラダイスを輝かせるメコラムをお届けします。

今日のテーマはコレ!

■社内人脈、仕事人脈は人脈にカウントしない
会社がらみ、仕事がらみの人脈しか持たない。

その生活があなたを個性のない「いい人」に変えてしまう。

刺激的で魅力的な人に囲まれた職場もある。

そういう職場、仕事環境に属しているのであれば、

その人脈にしばらく浸かってみるのも悪くない。

しかし、本当は違和感を感じているのに、

会社人脈、仕事人脈だけにどっぷり浸かるのは考え物だ。

心当たりのある人は、社外の人に目を向け、

興味を持ち、そして出会いを広げてゆこう。

会社人脈依存度を下げ、社外人脈に目を向ければ、

あなたは「いい人」を脱出できる。

今抱えている悩みの解決策や、

人生のターニングポイントと出会える。

そしてなによりその「しがないオーラ」を払拭できる。

大切なことはすべて社外人脈が教えてくれるのである。

忙しいからと言って、社外の人脈が全く増えずに、

どんどん会社に洗脳されて、

世界を狭めてゆく人を良く見かける。

そうなれば、あとは人生はそのコースだけの単線運行になる。

人生を変えたいなら、社外人脈に目を向けよう。

社外の人と出会い一年以上かけて信頼と愛着を育み、

やがて本当の友だちになったり、

信頼できる仲間を形成してゆく。

たったこれだけのシンプルな作業であなたの人生は変わる。

なぜ社外人脈づくりなどの社外活動が人生を変えてくれるのか?

それはあなたの中の思考の常識を壊してくれるからに他ならない。

会社以外に世界を持たない人の思考はマンネリ化しやすい。

人によっては歪み、偏りができ、

社内でしか通用しない自信を身に付けてしまう。

厄介な性格のおじさんができあがる。

その歪みや偏り、あるいは創作性の弱さに気付かせてくれる。

それが社外人脈なのである。

新しい出会いはあたらしい感性、

そして新しい考え方を運んでくる。その先にこそ新しい人生が広がる。

ある二〇人ほどの小さな会社の役員を務めていた男性は、

会社生活で感じる閉塞感に悩んでいた。

しかも会社の業績は振るわず、

家族が増えるたびに、生活は厳しくなっていった。

しかし会社側はさらなる努力と労働時間の投下、

そして成果を求めてきた。

しかし一時的な売上も会社の借入返済に消えていった。

さらに彼にとってその会社は能力を発揮できる環境ではなかった。

その会社とともに家族もろとも心中する危険から救ったのは社外の友人だった。

「退職したほうがいい!」

そう強く勧められ、

彼は会社への義理にうしろ髪をひかれながらも退社した。

彼はその後、独立し、自分の能力をどんどん発揮し、成功していった。

もしあの友達の一言がなかったら今頃どうなっていたかは分からない。

その会社は現在存在しない。

会社はあなたを働かせ、より良い成果を上げることしか考えない。

そうでないと会社は成り立たない。

しかし社外の友人や仲間は本当にあなたの人生全体を考えてくれる。

社外人脈を持たないのは危険なことであることお分かりいただけだろうか。

人生においてバランスの良い判断をするためにも、

しっかり社外人脈を大切にして頂きたい。

(まとめ)

いい人は会社の思惑どおり会社一色の人間関係に浸り、

翼を失い飛べなくなる軸がある人は会社外人脈から真実を見極め、

自分の翼をバージョンアップする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自由人生塾・パラレルワークに関する

お申込み/お問合せ
Copyright 2017 潮凪洋介の自由人生塾