定年3年前 プライドの行方は?

今、多くの人が定年退職後の切実な悩みを抱えている。
役職なしの契約社員として働くか?それとも別のまったく新しい世界で「好きな仕事」をはじめるか?

7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_t
この狭間で揺れ動く定年退職3年前のビジネスマン。
「今さら、同じ会社のなかで、かつての部下の下で働くのは嫌だ・・・」
そんな葛藤もよく聞かれる。プライドの行き場、そして、人生の在り方で、彼らは悩む。

「今の会社にそのまま残って仕事をする選択肢もあるが、給料は半分以下だし、それに、もう仕事が楽しくない。人生1回だから、せっかくだから好きなことをして、稼ぎながら、仲間を増やし、イキイキと残りの人生を過ごしたい・・・」
そんなふうに語る定年3年前の方々。

私の運営するライフワーク・クリエイト協会には、このような意思を抱えた定年退職3年前の方々が、自らの未来を探り、準備を始めるために「自分と向きあい」にやってくる。そして定年退職後も続けてゆける「ほんとうにやってみたかった大好きなもう1つの仕事」を探し当てる。

もし、あなたが今、このような葛藤を抱えているとしたら、準備は早い方がいい。それは退職2~3年前から少しづつ「自分は何が本当はやりたいのか?」「若いころ、子供のころの夢は何だったのか?」「胸が躍るものは何なのか?」について、自分の胸に問うことを始めるということだ。
形にするまでには時間がかかるのだ。
9258f936595f11e5a8e5851081290717_t
自分と向かい、自分を掘るーーーそんなこと、何十年ぶりではないだろうか。
これまで会社から与えられた仕事をこなすだけの日々を過ごしてきた方は

1) 自分が何をしたいの?何にワクワクするのか?を感知する感覚さえ心の底に埋もれてしまった
2) 何が好きかわかってもそれを社会でどんな業態で「サービス化」してよいかわからない

という傾向が多い。

まずは自分の「やってみたいこと」の「潜在願望」の掘り起こしが必要なのだ。
世の中に具体的に打ち出す前に、まず自分の心の中を知る。
「あの日、失った自分らしさ」を取り戻す作業からのスタートとなる。

人生の後悔で一番多いのは「やりたいことをやらなかったこと」ということにもあるように、
「好きで、かつ得意なこと」に出会ったほうがいい。
単に儲かるでは満足はできない。

例えば、うまくいく人はこうしている。
協力者や仲間を募り、在職中に社外で「兼サラ一人起業」として「パラレルワーク」で仮スタートを切る。
35463278_1746346715401451_8213818683777089536_n
まずは以下の「枠」をつくってみることだ。
自分に舞台と、舞台衣装を用意するようなものだ。
以下がそろえば、暖簾を出し、門構えが整うから、実感がわくのだ。
当事者意識や責任やプライドも生まれる。

・名刺
・ホームページ
・メルマガ
・FBコミュニティ
・チラシなどの案内の作成

これらを準備し、おまけに小さな、キックオフパーティを開催する。
そうすると勢いがついて、応援者も増え、継続せざるを得なくなる。

くれぐれも定年退職を迎え、キャッシュフローが途絶える前に準備しておくことをおすすめしたい。
できれば40代~50代前半から初めておき、軌道に乗せ、ライフスタイルを作っておくのが良いだろう。

なぜなら、嗅覚やセンス、行動力、体力は年齢が上がるほどに目減りするからだ。
今は30代~50代のパラレルワーカーも急増している。
定年3年前から自分の人生を生きるための準備をはじめるか?

フルで会社人間を全うするか?どちらが良いかに正解はない。答えは自分人生の主演・脚本・監督である「あなた」の中にあるのだから。

追伸:熟年離婚後の新たな出会いの扉を開ける鍵も実はここに存在している。
無料メールマガジン
ライフワーク・クリエイト協会 理事長 潮凪洋介

コメントは利用できません。

ライフワーク・クリエイト協会に関する

お申込み/お問合せ
Copyright 2018 ライフワーク・クリエイト協会