ムダな努力をやめれば、魅力的な友達が増える

6ad3885e335c26426377164eeea8b28f_s

「『類友』の法則」というものがある。

輝いている人は輝いている人同士くっつく、成功している人は成功している人同士でくっつく、魅力のある人は魅力のある人同士がくっつく――これは、世の中の定石である。

学生時代には輝きに満ち、学内外、街やそのほかでも一軍でならした「モテ男でリーダー的存在」だった男が、社会人になって数年後、二軍落ちする現象をよく見る。

そんなとき一軍落ちするのは決まって、「嫌いで不得意な仕事に就き、劣悪な人間関係のなか、安月給で働いている男」だ。

さらに言えば、社外のサードプレイスで自分を磨くことをせず、会社と家の往復になっている人である。

そういう自分に合ってない環境に居続ける人は、だんだんと楽しい飲み会に誘われなくなる。楽しい飲み会とは「一軍女子」を迎えた食事会、パーティ、レジャーなどである。そこのメンバー落ちをしてしまうのだ。

過去にいくら輝いていたからといって、今現在、輝きを失っていると、だんだんと魅力的な友達が減ってゆくのである。

なぜそんなことになるのか?
好きでもない仕事に向き合うことで心の躍動感がなくなり、顔に浮かない表情が刻まれ、悲壮感漂う雰囲気を全身で醸し出してしまうからだ。

「そんな! 今までの付き合いは何だったんだ?」と周りを責めてもあとの祭り。
そんなふうに周囲を責めるあなたが甘い。

気づかないうちに、その場にふさわしくない、気分を害するような言葉、ふるまい、雰囲気を立ち昇らせてしまっているのだ。

恋愛、出会いの場も「弱肉強食」である。

相手が一軍女性なら、男性陣とてベストメンバーで臨むのが定石である。
「あいつは最近、いまいちな感じだから誘うのをやめておこう」
「あいつは最近、いいかんじにノッてるから面白い! 誘ってみよう!」
そんな取捨選択が世の中で、無数に行われているのだ。

あなたも誰かを選び、誰かを捨て、そのまた誰かに選ばれ、誰かに捨てられて今日に至っている。
30歳を過ぎてイケてるメンバーに所属し、一軍女性との出会いを摂取したければ、無駄な努力をしている暇などない。

社外コミュニティのリーダーが効果的な努力をしている人であればなおさら、同じような「努力」をしている人しか選ばない。

選ばれる男になるためには、「ムダな努力」をやめ、「効果的な努力」をし、成果を出して「ノッてる感」を醸し出すことだ

~~~~~~~~~~~~
社外で大好きな「仕事」「活動」と出会おう!
自分の「好きなこと」に気づけていますか?

■超初心者向け講座(ライフワーク・ロマン探求入門講座)
次回8/19・8/24(いずれか1回)
http://www.freedom-college.com/best-life-work1
~~~~~~~~~~~~
■指導員も随時養成!説明会実施中
http://www.freedom-college.com/best-life-work5
ライフワーク・クリエイト協会(代表理事 潮凪洋介)
~~~~~~~~~~~~
■メルマガはコチラ
http://www.freedom-college.com/mailmagazine
~~~~~~~~~~~~
■日本経済新聞×ライフワーク・クリエイト協会イベント(7/30)
http://shionag.ldblog.jp/archives/52694829.html

コメントは利用できません。

ライフワーク・クリエイト協会に関する

お申込み/お問合せ
Copyright 2018 ライフワーク・クリエイト協会