定年退職したカリスマ編集者のつぶやき~私のサードプレイス~

640x640_rect_70012567
<サードプレイス・アナザーストーリー>

 先日、長年懇意にしていただいている
編集者が、飲みながら、しみじみと
こんな話をしてくれた。

潮凪洋介を発掘し
世に出してくださった編集者Eさんである。

「潮凪さん、定年後1年が過ぎ、
いまフリーで編集者してるんだけど、
何か時々もの寂しさを感じるんだよ」

 Eさんは現役時代ミリオンセラーを出し、
カリスマ編集長とまで呼ばれ、
若い編集者や著者の憧れの存在だった。

 定年退職後は、フリーの書籍編集者として、
年間10冊ほどの本をプロデュース、
編集業務もこなす。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
はた目には、順風満帆に見えるEさんだが、
どこか寂し気な表情を見せた。

「どうしたんですか? 
現役時代と変わらず活躍してるじゃないですか」

「ありがたいことに、仕事はいっぱい
いただいているよ。でもね、今になって、
潮凪さんが言っていた『第3の活動』の
意味がよくわかったんだよ。

 仕事はミッション、それはそれで満足している。

楽しいし、やりがいのある仕事だからね。

だから、会社で働いていたときも、
なんの不満もなかったし、
やりたいことがいっぱいできた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 会社から持ち帰った土日の編集作業も、
『やらされ感』どころか、
『やりたい感』だけで、
嬉々としてやっていたんだ。

 前から、サードプレイスは必要ですよ、
と潮凪さんからよく聞かされていて、
でもサードプレイスに時間と
労力をかけることより、
1冊でもいい本を読者に届けたい! 

という思いのほうが強かったから、

なかなか手が回らなかったんだよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 会社員時代は、
いつでも飲み友だちはいたし、
呼べばすぐに集まった。

 さまざまな出逢いもあったし、
行きつけの飲み屋も数件あった。

 飲み屋は、ただ飲むだけでなく、
本の企画会議やブレインストーミングの
場所でもあり、そこから新しい
アイデアが生まれ、本になったんだ。

ある意味、業界を超えた、
僕の『サードプレイス』でもあったんだね~」

(つづく)

【まだ家と会社の往復続けますか?】
人生が100倍楽しくなる!最強の行動スイッチ 生き方と働き方が変わる「第3の活動」

コメントは利用できません。

ライフワーク・クリエイト協会に関する

お申込み/お問合せ
Copyright 2019 ライフワーク・クリエイト協会