嫌な場所から離れることの大切さ

SR_SN1_12L
「いてはならない場所」が誰にでも一カ所や二箇所くらいある。
この話を「ふーん」と聞いているだけのあなた。
本題はここからだ。そんないてはいけない場所は、実はあなた自身がいつも、仕方なく、惰性で自分の身を置いている場所であることが非常に多い。
今の仕事場なのかもしれないし、あるいは家、恋人、妻、親、あるいは友人かもしれない。そことの縁を切る。距離を置く、捨てることによってあなたの運気はあがり、不完全燃焼のくすぶり感は消えてなくなる。
今のあなたはなんらかの「規則」「約束」「義理」といった惰性を生む鎖によってその場所に呼び戻されている。
汚染された場所に自らの体を律儀にも規則正しく、浸らせている。
あなたの人生がうまくいかないのはそこに原因がある、空回り感、実力が出せていない感、さらには「自分は本当はこんなもんじゃない」という衝動が、胸にうずまいている。
そんな暗黒地帯から脱出しよう。人生をかえたければそういう「磁場の悪い場所」はできるだけ離れたほうがいい。

その余力でパラレルワークを見つけるというのも1つの方法である。その時間が創造的な時間になることは間違いない。

■潮凪洋介メルマガ
自己実現・自由人生・パラレルワーク・パラレルキャリア
女性の恋愛結婚成就」 
男性の恋愛結婚成就
著者デビューの学校
芝浦ハーバーラウンジ:生きることを楽しむアナザーパラダイス
クリエーター達の秘密基地:目黒クリエーターズハウス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2021 ライフワーク・クリエイト協会