安全なところで作業するだけの日々に疑問を持つ

潮凪バカ

会社員も起業も両方経験した身から思うことがある。

それは安定したキャッシュフローの中の「退屈な毎日」は「考えることを忘れた脳」「感じることを忘れた感性」へと人を退化させるということだ。

嫌いな仕事、得意ではない作業、ストレスを感じる相手、少ない報酬-―――そんな安定が最も危険だ。しかも労働時間が長かったり、副業が禁止されているなどという会社は最悪だ。いますぐそこでの努力をやめた方がいい。あるいは1年、2年計画で「脱出」を前提に転職か、あるいは社外のパラレルワークを探したり、起業したほうがいい。

そうもしないとあなたは、必ず「つかいもの」にならなくなる。あなたはすでに「自分が何が好きか?」もわからなくなっているはずだ。「世の中に好きで得意な仕事など存在しない」そう信じ切っている。かつての私もそうだった。今は違う。好きな得意な仕事以外では人は成功できない。嫌いで不得意なことへの無駄な努力は絶対にしてはいけない、時間の無駄であると確信している。

しかし、あなたは、まだそうは思えない。大嫌いで大好きな、命の恩人で育ての親でもある会社を愛している。憎くて大嫌いなのに心のへその緒を切れないでいる。

この一瞬一瞬のうちもあなたの人生の時間は削られ、あなたは能力発揮の舞台を放棄し、無駄な努力を続けている。その状態にほんのすこしの疑問を持とう。まずはそこからだ。

とはいえ「つまらないルーティン」から発生する「給料」は大切な「酸素」となる。
絶対的な安定のうえで副業をすべき――私はそう思う。

副業と聞くとかっこよくないが、パラレルワーク、ライフワークをする時間を捻出する。得意なことであれば、やっていてもつらくはない。社外で好きなことが見つかった―――そのときこそ「つまらないルーティン」から発生する「給料」は大切な「酸素」であることに気づく。

ルーティンの仕事が退屈がるだけではなく、行けばお金がもらえることに感謝しよう。社外で本当にやりたいことが見つかると、そのように感謝できるようになる。あなた以外の誰か、その会社の創業者が、身を削って作り上げたビジネスモデル。

そのなかで作業の一片を担い、キャッシュフローのおこぼれをもらう。これが大切なのだ。なくなると、もう現実逃避すら難しくなる。お金は上手に無駄な努力から「逃げるため」の軍資金でもある。資金提供されるパイプをそう簡単に切ってはいけない。金がなくなれば努力もできない、自由も命も絶える。逃げるなら、金の流れを握ったまま逃げ場で努力せよということだ。

◆運命のライフワークと出会い人生を完全燃焼しましょう!

社外のサードプレイスにおけるエキサイティングなライフワークには50~100種類の様々ジャンルがあります。週末バーの運営、ネットショップの運営、お見合いサービス、ヨガイベント、BBQイベント、カウンセラー、ボディケア、ライター、セミナー、セルフ出版、ジョギングクラブ、釣り教室、など。あなたもライフワーク・クリエイト協会の「メルマガ」で学びながらロマンを追いかけてみませんか?

コメントは利用できません。

ライフワーク・クリエイト協会に関する

お申込み/お問合せ
Copyright 2018 ライフワーク・クリエイト協会