良い状態の心は、体という楽器を通じて心地よい声を奏でる

18090809

好きな仕事、もしくは、好きではなくても納得できる仕事に従事し、ほぼ良好と言える人間関係の中でイキイキと仕事をこなす人の声は「張りと艶」があり、適度な大きさもあり聞こえやすい。

さらには、聞いていて心地よいという現象がある。

これは「ノっている何か」を持っている人に共通する。

仕事がノッテいるだけでなく「プライベートの人間関係が楽しい。生き甲斐を感じる」「恋人や妻、または子供との関係が楽しく、幸せに満ち溢れている」といった状況の人にも見られる。

心が充実し、イキイキとしてノッているとそれが声にあらわれる。

体は声を鳴らす楽器のようなもの。

良い状態の心は、良い状態の振動を作り出し、体という楽器を通じて心地よい声という「音」を奏でるのである。

逆に「聞きとりにくい自信なさげな声」は後天的につくられる場合もある。

昔は凄く元気で、声もしっかり聞こえるタイプだった男性が、自分に合わない職種に配置換えになり、しかも内勤になって3カ月、声に張りが無くなるとともに、表情も乏しくなり、会話の語尾も聞こえ辛くなったという現象がある。

このケース、実は最近は珍しくない。

自分に合わない仕事をイヤイヤやって、さらには成果も出せず、将来も期待できない場合は誰でもこうなってしまうのだ。

それでもプライベートタイムをイキイキとさまざまな人と交流して過ごすタイプなら心配はない。

しかし長時間労働の後、プライベートも家にこもり、鬱々と過ごす人はさらに声に張りがなくなり、聞こえづらくなる。

こういう「艶、張り、聞こえやすい大きさの声」はその人の生き方の充実と内面の充実のサインとなる。

仕事はさらにうまく進み、商談も決まりやすい。声が人生のベストスパイラルをつくってくれるのだ。

もちろん友達関係や恋愛だって良好なものを引き寄せられる。

もし自分の声に張りと艶がなく、よく人に「えっ?」と聞き返されるようであれば、あなたの内面は委縮している可能性がある。

その殻を破り、本来の自分を取り戻すためにまずは「声」から張り、艶と大きさを意識してみてはどうだろう?

「ノッている感」が内面にも伝染し、自分が放つオーラをポジティブモードに変えられるはずだ。

■毎朝8時!心が自由になる!自分の壁壊しコラムをお届けします。
↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓  ↓↓↓   ↓↓↓
壁壊しコラム(メルマガ)
壁壊しコラム(LINE)
■「社外でやりたいこと」がみつかる講座・イベント情報メルマガ
■「社外でやりたいこと」が見つかる講座・イベント情報 LINE@
友達と5分遊ぶだけ!「自分らしい生き方」が見つかる「カードゲーム」体験談
著書68冊165万部ベストセラー著者 潮凪洋介の全書籍
cover3 
<関連テーマ>
パラレルワーク,セカンドジョブ,アナザーパラダイス,ライフワーク・クリエイト協会,働き方改革,潮凪洋介,起業,やりがい,本当の自分,自分流,自分らしさ,いい人やめる,バカになる,自分の壁,自由,複業,副業,副業婚活,独立,出会い,仲間,恋愛,電撃結婚,友情,男女の友情,悔いのない人生,モテ,定年,収入アップ,マインドフルネス,出版,仲間,友達,生き甲斐,会社辞めたい、転職、定年退職、新しい人生、ブラック企業、リストラ、早期退職、時間術、ストレス、解消、リラックス、旅行、起業、パラレル転職、色気、彼女欲しい、彼氏欲しい、結婚したい、再婚したい、

コメントは利用できません。

ライフワーク・クリエイト協会に関する

お申込み/お問合せ
Copyright 2019 ライフワーク・クリエイト協会